交通事故の問題にどう対処するか

 

交通事故に遭ったときには、治療費、入院費、車の修理代、休業損害など、被った損害を賠償してもらえますが、その他に慰謝料請求もすることができます。

慰謝料とは、精神的・肉体的な損害に対して金銭で賠償してもらうものですが、いくらのお金を払ってもらうことが適切なのかという感覚はその人によって異なるので、金銭に換算することが難しい問題でもあります。

慰謝料の金額を出すときは、3つの基準がありますが、そのうち最高額になるのは弁護士基準です。

しかし、最高額の慰謝料を払ってもらうためには弁護士に依頼をする必要があります。弁護士費用を支払うとメリットがないケースもありますが、交通事故での被害が甚大なケースでは、弁護士に依頼をすることで3倍以上の慰謝料がとれることもあります。

後遺障害残った場合には、さらに後遺障害慰謝料を請求することもでき、その金額はとても大きくなります。

保険会社に提示された慰謝料の金額に少しでも疑問を持ったら、それが適正金額であるかを専門家に相談をしてみましょう。相談だけなら無料で受けてもらえる法律事務所も多いです。

last updated :