交通事故の問題にどう対処するか

 

物損交通事故における示談交渉というのは、事故に遭遇した当事者同士が、保険会社を通じて問題解決する話し合いのことをいいます。

そこでは過失の割合や賠償金、慰謝料などの事故対応について具体的な話し合いがもたれますが、双方の言い分が違ったり、感情的なトラブルがこじれてしまうことも多くあります。

また、交通事故の被害者側には保険会社はつかないので、あまり知識のない人だと、一方的に保険会社に言いくるめられてしまうこともあるのです。

ただでさえ、事故の処理やケガの治療などで頭が一杯の時に、賠償金などと言われても冷静に判断することは難しいでしょう。

そんな時は弁護士に相談して、適切なアドバイスを受けることが必要です。

加害者側の保険会社としては、少しでも賠償金を低く抑えたいのが基本的な立場です、それに対して、弁護士の役割は賠償金を少しでも増額することですから、もし交通事故の被害者になってしまった時、相手と同じ土俵に立つためには、こちらも弁護士をたてて交渉にのぞむことが大事です。

last updated :