交通事故の問題にどう対処するか

交通事故で不幸にも被害者になってしまったときにまず最初にすることは、怪我の治療です。

病院にきちんと通って体を元の状態に治すことで、怪我の治療だけでなく、治療にかかった通院日数が、治療費や慰謝料の算定の基礎になります。

しかし、相手の保険会社もさるもので、現実には途中で治療打ち切りを言い出してくる会社もあります。

確かに、「一人の命は地球よりも思い」といっていたら、保険は成り立たないことも事実です。

そんなときはどうしたらよいのでしょうか?そのときに役立つのが弁護士です。確かに、通院をしていても、もらっている薬がビタミン剤やシップ薬ばかりだったら、これ以上治らないのに、だらだらと通信日数ばかり稼がれてはこまるということになりかねません。

そのために、医者にもらうべき薬や治療があるのです。

そこで、通院するような交通事故の場合は、通院日数認定についてもいろいろとアドバイスをくれる交通事故専門の弁護士を選ぶことが一番です。

last updated :